ECOMのちから メーカー別で性能比較

ホーム > メーカー別で性能比較

各メーカーの特徴とその性能

メーカーによってシステムの特徴は異なります!

太陽光発電システムは多くのメーカーから販売されているため、何を基準に選べばよいか迷ってしまう方も多いかと思います。

各メーカーの製品にはそれぞれ特色があり、ご要望に応じて適切なものは異なります。自分の家に合ったものを探すために、性能を比較してみましょう。

メーカーごとの違い

太陽光発電システムのメーカーには、シャープ・三菱・京セラ・サンヨーなどの大手メーカーがあります。これらのメーカーは、パワーコンディショナを設置する場所が屋内か屋外か、などといった細かな差はあるものの、技術的には大差がありません。お住まいの屋根の形状や、各ご家庭の状況に合ったものを選ぶことが重要です。

同じメーカーからも価格や特徴の異なる製品が販売されています。太陽電池モジュールのセルは、同じメーカー製でも価格によってタイプが異なる(※)場合があります。製品の特徴、性能、価格などを比較しながら、ご家庭に合ったものを探しましょう。各メーカーの詳細な違いが説明でき、それらのメーカーの製品をすべて取り扱っている業者なら安心です。

PICK UP「太陽電池モジュールのタイプ」
太陽電池モジュールは、シリコンの密度の差や製造工程の違いによって「多結晶タイプ」と「単結晶タイプ」にわかれます。単結晶タイプは高出力を得られるのですが、多結晶タイプに比べ高額です。タイプが選べるか、ひとつしか取り扱っていないかはメーカーを比較する際の参考になるでしょう。

メーカー比較

SHARP
国内シェアNO.1
モジュール1kWあたりの単価が一番安い(太陽光発電システム導入価格÷最大出力=1kw)
製品の種類が豊富なため、さまざまな形状の屋根に対応できる
安価なため導入時のコストを抑えることができる
薄膜太陽電池に液晶テレビの開発で培った技術力を投入
KYOCERA
多結晶シリコン太陽電池セルでは世界最高レベルの変換効率を実現
寄棟屋根や複雑な屋根でも設置可能
屋根に隙間なく設置できるので外観が美しい
形状に合わせられるため、より多くパネルを設置可能
軽量化されているため、屋根にかかる負担が小さい
シリコン原料の鋳造からモジュール組み立てまで全て自社で行う。一貫生産体制はKYOCERAのみ。品質で世界最高水準。
MITSUBISHI
パワーコンディショナの変換効率が他社より優れている
少ない枚数でも設置が可能
他社製品では無理な場合でも設置できる可能性がある
積雪1.5mの多雪地域まで設置可能
SANYO
設置面積を小さくすることができる
HIT太陽電池という単結晶シリコンとアモルファスを積層したシリコン系太陽電池を開発
HIT太陽電池は従来のものと比べ温度特性が安定し、夏場でも変換効率を維持
設置面積あたりの変換効率は世界最高クラス
SANYO
高出力250Wモジュールを発売
電極がモジュールの裏面にあるバックコンタクトを採用し、変換効率No.1(2013年8月現在)
設置面積を小さくすることができる

太陽光発電やオール電化など、何でもご相談ください。ご家庭に合うメーカーをご提案いたします。[TEL]0120-026-235 電話もメールも24時間受付中!

ページトップへ戻る