太陽光発電でお得な生活 導入前に計画を立てよう

ホーム > 導入前に計画を立てよう

一般住宅導入前のチェックポイント

太陽光発電システム導入!その前に……

太陽光発電に興味を持ったら、まずは基本的な知識を身につけましょう。こちらでは、導入前に知っておきたいチェックポイントをご紹介します。

現在の電気使用量の把握や、実際に設置できる環境かどうかなど、重要なポイントはたくさんあります。

太陽光発電の基本情報
業者に問い合わせる前に、太陽光発電システムについての基本的な情報を調べておくと話がスムーズに進みます。インターネット、展示会、商品カタログなどで調べましょう。
また、すでに設置している方から話を聞くのも良いでしょう。
家の屋根の環境
太陽電池モジュールを設置する屋根の形状や方位、さらに周辺の環境(屋根に影を落とすような高層ビルや樹木など)は発電量に影響します。自宅の屋根の日照条件を調べましょう。
設計図がある場合は用意しておくと良いでしょう。
地域の発電量
どのくらい太陽光が当たるかによって発電量は変わります。お住まいの地域の日射量を調べて、期待できる発電量と節約できる電気代をシミュレーションしてみましょう。
現在の光熱費
ガス代や電気代など毎月の光熱費が、いくらかかっているかを把握しておきましょう。
季節によって変わりますが、検針票をとっておいて比較すると一目瞭然です。
また、1日のサイクルでどの時間帯が一番電気を使うのか知っておくと役に立ちます。
購入資金
太陽光発電システムの購入時には、地方自治体による補助金や、住宅金融支援機構の融資などのさまざまな支援策があります。
期間限定のものもあるので、まずはお住まいの地方自治体に問い合わせてみましょう。

設置を決めたら

太陽光発電システムの設置を決めたら、下記のことから進めていきましょう。

調査と見積もり

環境によっては設置が難しい場合もあります。設置業者に屋根の形状や周辺環境の調査と、見積もり書を作成してもらいましょう。設計図面や検針票を用意しておくとスムーズです。

また見積もりと一緒に屋根の寸法に合わせたパネルの割り付け図面を作成してもらいましょう。

●悪い設置例

ずさんな設計によりモジュールがはみ出しています。
風の影響を受け、架台のひずみが生じ、最悪の場合、雨漏りやパネルの落下する可能性があります。

メーカー選び

太陽光発電システムはメーカーによってそれぞれ特徴が異なります。
カタログなどで比較する際は「価格」「変換効率」「形状」などをチェックしてみましょう。

太陽光発電やオール電化など、何でもご相談ください。ご家庭に合うメーカーをご提案いたします。[TEL]0120-026-235 電話もメールも24時間受付中!

ページトップへ戻る